財団医療法人 中村病院

財団医療法人 中村病院 基本理念
サイトマップ

診療科・各部門

リハビリテーション部内視鏡センターへ>

「やってよかった!」のリハビリを

専門職とのチームアプローチのもと、急性期よりひとりひとりに個別サポートをし、患者様のみならず、ご家族の方々も「やってよかった!」と思えるリハビリテーションを提供致します。

業務内容

  • リハビリ対象の主な疾患
    • 脳血管疾患…脳梗塞や脳出血など
    • 整形外科疾患…骨折や変形性関節症、五十肩など
    • 神経内科疾患…パーキンソン病や脊髄小脳変性症筋委縮性側索硬化症など
    • 科・外科疾患…慢閉塞性呼吸器疾(COPDがんなど
    • 循環器疾患…心筋梗塞、狭心症、閉塞性動脈硬化症など
  • 各部門の紹介
    理 学 療 法

    様々な病気やケガなどにより低下した身体機能の訓練を行うことで、生活に必要な立つ、座る、歩くなどの動作能力を高めます。 装具・義肢・車椅子・杖などを用いて社会、家庭生活に参加できるよう援助していきます。

    プラットフォーム
    レッグプレス
    索  引
    作 業 療 法

    身体の障害のある方、またそれが予測される方に対し、作業活動を通して、心身機能の回復を目指します。 能力を最大限に活かし、自立生活に向けて、日常生活における諸動作、家事動作の獲得、職場復帰の指導や支援を行っていきます。

    調理動作訓練
    箸操作訓練orトイレ動作訓練
    言語聴覚療法

    コミュニケーションや食べること、記憶力・注意力の低下がある方に対し、 言葉(話す・聞く・読む・書くなど、発声、口の運動、記憶、飲み込みの訓練を行い、 機能の回復・向上を目指します。

    ST室での訓練
    心大血管疾患リハビリテーション

    目的:心臓病の治療後、安全かつ1日も早い社会復帰を目指し、運動を含めた生活習慣の調整と病気に対する正しい知識を得ることで再発を予防する。

    エルゴ漕いでいる写真
    座って体操している写真
    がん患者に対するリハビリテーション

    「患者様とそのご家族の要望を十分把握した上で、その時期におけるできる限り可能な最高のADLを実現すること」 を目的として、痛みや苦痛を和らげたり、痛みや筋力低下をカバーして生活を送って頂ける方法を指導したり、精神的な援助等を行っています。